2019年問題と蓄電池

こんにちは!レイクタウン mori 1F 京セラソーラーFC越谷です。

太陽光発電を設置している方は、2019年問題と言う言葉も聞いたことが有るかと思います。

(太陽光発電業界の)2019年問題とは?

住宅用の太陽光発電は余った電気を10年間、同じ単価で買い取ってくれる制度(固定買取制度と言います)が保証されます。住宅で発電して、使いきれなかった電力(余剰電力と言います)を、契約を結んだ電力会社が買い取る事(これを売電と言います)を義務づけられます。

この売電契約を結んだ時点で定められる売電価格は、10年間は原則として変えられない事を国が約束します。
つまり、固定買取価格制度は、電力会社の義務と、国の約束により太陽光発電を設置している人に対して10年間の長期的な経済性を確保するものなのです。
住宅用向けの固定買取制度は2009年に始まりました。この時、あるいは制度が始まるより先に太陽光発電を始めていた家庭は2019年10月になると売電出来る権利と売電価格が維持されるという保証を失います。

この事を踏まえ、来年の10月末日をもち、初めての固定買取制度が終了する方々が出てきます。
その後も、毎年、固定買取制度が終了する方々が出てくるのです。
固定買取制度が終了する方への、売電価格がまだ決まっておらず現在の所、1kwあたり11円以下、もしくは買い取りが無い可能性もあります。

せっかく設置した太陽光発電システム、せっかく発電した電気を無償同然で、電力会社に流すことになるのは、なるだけ避けたいですね。

そこで、当社では蓄電池をオススメしています。
自宅で発電した電気を貯めておき、自分の家で使用するのです。

太陽光発電は、太陽が出ている間の発電ですが蓄電池に電気を貯めておけば、夜の電気も充電した分だけ使用する事が出来ます。

また、災害時などの停電時には予め設定している電気製品に、自動で電気が流れ、電気が数秒で復旧出来ます。

これから、電気代が高騰する傾向にある事でも電気の自給自足をすることが注目を浴びています。
この自給自足をするにも、蓄電池が大変重要になります。

来年から固定買取制度が終了するにあたり蓄電池を検討する方も大変増えています。
これから、品薄になる傾向が懸念されています。

蓄電池をお考えのお客さまは、ぜひ、早めの、ご検討をオススメいたします。


京セラソーラーFC越谷
イオンレイクタウン mori 1F(トヨタモールさん前)
TEL:048-973-7515
営業時間 9:00~22:00 (年中無休)
HP:http://www.nihonfactor.co.jp/

皆さまのご来店 心よりお待ちしております!

日程 -
京セラソーラーFC越谷
京セラソーラーFC越谷
1F/太陽光発電システム
TEL:048-973-7515