イオンレイクタウンについて

レイクタウンのエコ

ハイブリッドガスエコシステム

03.ハイブリッドガスエコシステム

mori 1Fに設置している6基のコ・ジェネレーションシステムの内1基に、国内初の「ハイブリッドガスエコシステム」を導入しています。
通常のコ・ジェネレーションシステムでは、都市ガスを利用して発電すると同時に、発電時の廃熱を利用して蒸気や冷熱を製造、利用しています。一方、ハイブリッドガスエコシステムは、発電した電気の一部をターボ冷凍機に利用することができ、より効率の良い施設内冷房が可能になるのです。「ハイブリッド」と呼ぶのは、コ・ジェネで発電した電力でも、市販の電力でもターボ冷凍機を運転することができるためです。
このシステム導入を含め、熱源システム全体で削減されるCO2排出量は、約6,500トンにも及びます。

このページの先頭へ戻る