イオンレイクタウンについて
Act Green art
Act Green artAct Green art No.9
Title
エコロ字
Concept

切り出した木片はすべて文字/記号となる、まったく無駄の出ない作品 「文字」を独特の驚くべき視点で、ユニークに視覚化する「文字遊び」で知られるタイポグラフィックユニットが、ここ越谷で、学生のみなさんと“無駄を出さない”をテーマに、文字づくりのワークショップを開催。廃材や間伐材で再生された一枚の板から、「Koshigaya」と「LakeTown」の文字をまったく木を残す事なく切り抜き、それぞれの文字にペイントしてもらいました。

Exhibition Space
mori 1F 共有壁面アート
mori 1F 共有壁面アート監修
indexへ戻る
作品
大日本タイポ組合
Artist
大日本タイポ組合

タイポグラフィユニット
秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。日本語やアルファベットなどの文字を解体し、組み合わせ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィユニット。ロンドン、東京での個展、バルセロナや東京での企画展に参加。2008年、設立15周年を記念してそれまで制作してきた作品の集大成となる「大日本字」を出版。

このページの先頭へ戻る