イオンレイクタウンについて
Act Green art
Act Green artAct Green art No.8
Title
黄金のクマ 虹のクマ
Concept

想像の世界からやって来た、黄金のクマ、虹色のクマたちが語りかける“今ここに、水や森や自然が在る”ことの奇跡 太陽を象徴する黄金のクマ、そして、その太陽の光がレイクタウンの湖に反射して姿を現した七色の虹のクマ。中央通路に並ぶこのクマたちは、moriの街区の真ん中で、訪れる人たちを楽しく出迎えます。 森の住人というリアルな存在でありながら、想像の世界からやってきたバーチャルなクマたちを通して、水や森や自然が、“今、ここに、在る”ということの奇跡、大切さを静かに訴えかけてきます。

Exhibition Space
mori 中央通路円座エリア
mori 中央通路円座エリア
indexへ戻る
作品
岡嶌 要
Artist
岡嶌 要

彫刻家、インテリアプロダクトデザイナー
京都生まれ。京都造形芸術大学美術科彫刻課卒業。株式会社イデーに入社後、企画開発およびプロダクトデザイナーとして活躍。2006年独立。「あるひとりとあるモノ」一関係の最小単位で思考され、表現されたモノの存在を尊重し、「出会い」を感じさせるモノの創造を、インテリア・プロダクトデザイン、オブジェ制作、キャラクター・デザインなど、ジャンルを横断する表現を通して、追及し続けている。

このページの先頭へ戻る